Tuesday, May 12, 2015

Violent far-left extremists in Fukushima? 中核派と福島

The Japanese translation of this blog, along with the full video (below) of the press conference with Japanese subtitles were added on August 4, 2015.  My gratitude to Sawaguchi Kayo for filming the press conference and to Lita Box for the translations.

5月12日の日本外国人特派員協会での記者会見の模様は、こちらからご覧になれます。
8月4日にこのブログの日本語翻訳そして、日本語字幕付きビデオも乗せました。
撮影:澤口佳代 翻訳:リタ・ボックス 


Today, the Foreign Correspondents' Club of Japan (FCCJ) hosted a screening of my film 'A2-B-C', which documents the health of children living in contaminated areas of Fukushima after the nuclear meltdown on March 11, 2011. The screening was followed by a press conference focused on the cancellations of the screenings of the film in Japan (INFO).

今日、日本外国特派員協会の主催により、『A2-B-C』の上映が行われました。この作品は、私が2011年3月11日後の原発メルトダウンにより汚染された福島県内のある地域に住む子どもたちの健康状態を追った映画です。上映後に記者会見を設け、日本国内におけるこの映画の上映キャンセルについてお話ししました。

Before the press conference began, I struggled with how I was going to explain something which I am still finding difficult to understand. I also see the issue of the cancellations of 'A2-B-C' as a symptom of a much larger problem affecting press freedom in Japan, and I was hoping that the screening and press conference could also be an opportunity to speak about this much larger issue.

記者会見が始まるまで、自分でも未だ理解に苦しんでいるこの状態をどうお話しするべきか悩みました。私自身、A2-B-Cのキャンセルはいま現在日本での報道の自由を左右しているもっと大きな問題の徴候であると感じています。ですので、この上映と会見がいまある社会的な問題全体を議論する場になれば、と思い会見に望みました。 



At this afternoon's press conference I was relieved to be able to announce that during a meeting this morning the Japan domestic screening rights to 'A2-B-C' were returned to me. I will now work toward re-establishing a process for organizing private screenings of the film. A DVD/ internet release of the film is not currently planned for the reasons outlined HERE.
会見の日の朝、私は上映委員会の関係者とミーティングを持ちました。そこで日本国内での上映権を監督である私のもとに戻すことが決まり、幸いにもこのことを今回の会見のなかでお知らせすることができました。今後、今まで停止していた自主上映の手続きを再始動させる予定です。しかしDVDとインターネットでの映画の販売は、これからも行う予定はありません。その理由はここに記してあるとおりです。

I would like to express my gratitude to the A2-B-C Screening Committee for their hard work to establish distribution of 'A2-B-C' in Japan. Through their effort, a theatrical release of the film, as well as dozens of private screenings, was made possible. While I find it unfortunate that it was decided that they could no longer be involved with the distribution of the film, I wish them the very best as we all move forward.

A2-B-C 上映委員会の皆さんには、これまでA2-B-Cの国内配給のため懸命に活動してくださいました。深く感謝を述べたいと思います。劇場公開や数々の自主上映が実現したのも、委員会の皆さんの努力のおかげです。この委員会でA2-B-Cの配給に関わることができないと決定されたのは残念なことですが、これからも委員会の皆さんのご活躍を祈ります。
Today's press conference
The attendees at today's press conference were there not only to see 'A2-B-C' but also to hear why the screenings of 'A2-B-C' had been cancelled.
今回の会見の参加者は、A2-B-C の鑑賞だけでなく、なぜA2-B-C の上映がキャンセルされたか、という私の説明を聞くために参加して下さいました。

The A2-B-C Screening Committee cancelled all domestic screenings of the film after learning that one of the mothers in 'A2-B-C' was rumoured to be a member of Chukaku-ha, a communist political group whose tactics in the past have included violent confrontations with the authorities. The medical clinic that appears in the film, where children are seen receiving thyroid examinations, was also said to be tied to this group.
A2-B-C上映委員会が国内上映をすべてキャンセルした理由は、映画に出てくる母親のひとりが、中核派と呼ばれる共産党系のグループの一員であることが噂されたことがきっかけでした。中核派とは、過去に体制側と時に暴力的な抵抗を行ったことがあるグループ、と言われています。そして映画の中で子どもが甲状腺検査を受ける場面で出てくる診療所も、同じく中核派に関わりがあると言われています。

It should be noted that in Japan the two main accusations that are hurled at someone to discredit them are that they are either ethnically Korean or communist; accusing someone who is speaking out of being Korean or a communist is a rhetoric often employed in Japan when no other logical argument can be found.
ここで、日本で誰かの面汚しをするために使われる中傷的な表現について記しておきたいと思いますが、その中でも頻繁に使われるのは「朝鮮人」と「共産主義者」のふたつです。これは、声を大にして意見を言う人々に対して、筋道の通った議論ができない人たちが攻撃のために使う呼び名です。

Leading up to the cancellations of 'A2-B-C', I had received an e-mail alerting me to an article that had been published in the Fukushima Minyu accusing a medical clinic in Fukushima (the one in my film) of having ties to Chukaku-ha.
A2-B-Cのキャンセルに至るまでの間に、私は福島の地方紙『福島民友』に掲載されたある記事のことをメールで知らされました。その記事には、映画に出てくる診療所が中核派との関係を持っている、と非難する内容が書かれていました。

【福島民友新聞】「ふくしま共同診療所」は中核派の拠点施設!反原発の砦!(ここ
It was also brought to my attention that Chukaku-ha was using a political group called Nazen to organize private screenings of 'A2-B-C' in an apparent effort to raise money for their activities. Although the A2-B-C Screening Committee had been aware of these screenings, they were unaware of Nazen's ties to Chukaku-ha:
さらに、中核派はNAZENという名前のグループを通して、同団体の活動資金の確保のためにA2-B-Cの自主上映を行った、という情報も入ってきました。A2-B-C上映委員会はこのような上映が行われたことは知っていましたが、NAZENと中核派とのつながりに関しての知識はありませんでした。

全国で開催される診療所報告会&『A2-B-C』上映会のご案内(ここここ
 
 

I felt that whether or not a member of Chukaku-ha appears in 'A2-B-C' should be openly discussed, as should why this group may have established in Fukushima a medical clinic offering independent testing of children for radiation-related health issues. I also wanted to know if it was true that this group was attempting to use my film for political gain and felt this was something that should be investigated further and warranted a statement addressing the issue.
まず私は、中核派のメンバーがA2-B-Cに出演していたかどうか、ということや、なぜこのグループが子どもたちの放射線による影響を独自に検査するための診療所を福島に開業したか、ということはオープンに話し合われるべきだと感じました。さらに、このグループが政治的利益のために実際に私の映画を利用していたかどうかということについても確認したかったし、もっと詳しく調べた上でそれについて声明文を出すべきではないかと思っていました。

Wanting to distance myself from any political group that may try to use my film for gain while also making it clear that at no point during the making of 'A2-B-C' did I receive support from any political organization, I wrote a disclaimer that was posted to the film's website (HERE):
自らの地位を築くために私の作品を利用してしまうような政治組織からの距離を保つため、そしてA2-B-Cの製作にあたって今までいかなる政治組織からの援助も受けていないことを表明するために、私はA2-B-Cのウェブサイトに以下のような声明を掲載しました:

Unfortunately, this was not enough to dissuade the A2-B-C Screening Committee from cancelling all screenings of the film in Japan. Shortly after taking this action in March, the committee dissolved.
残念ながら、上映委員会が国内上映のキャンセルを考え直すためには、この声明だけでは不十分でした。今年3月に声明を掲載した後に、そのまま上映委員会は解散することになってしまいました。

What is Chukaku-ha? 中核派とは?

Having not even heard of this group before, I asked several people what Chukaku-ha is. Almost no one I spoke to could tell me anything of any substance about Chukaku-ha, and most people only said vague things like "I heard they are scary" or "I heard they did something bad in the past".

中核派とはどんなグループなのか何の知識も持たなかった私は、あらゆる人に中核派についてたずねました。しかしその中に、中核派についての知識がある人は一人もいませんでした。ほとんどが「恐いらしい」とか「昔悪いことをしていたらしい」などの漠然とした内容でした。

During my attempt to understand what Chukaku-Ha is, I was told that it had been designated as a terrorist organization by the US State Department and was sent THIS link which briefly describes the group's establishment in 1957 but with no activities listed beyond 1993. I was also sent a link to THIS Wikipedia article, which lists no activities beyond 1991. Despite not being able to find any information about current Chukaku-ha activities, a link to a recent Japanese government document listing domestic terrorist groups included Chukaku-ha.

中核派が何なのかを調べるなかで浮かんできたのは、中核派はアメリカ内務省のテロリスト集団のリストに入っているということでした。それから、ある方に送ってもらったこのリンクには1957年に組織が結成されたことなどを簡潔に説明してありますが、そこには1993以降の活動記録は何もありません。さらにこちらのウィキペディアのリンクも読みましたが、ここにも1991年以降の活動は何も記されていません。今現在の活動について何の情報も得られないのにも関わらず、日本政府の発行したリンクには、国内のテロリスト集団のリストに中核派の名前が含まれていました。
公安調査庁「内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)」

p.62 中核派は,新運動体を結成し,大衆運動強化と各層の取り込みを企図



社会的に注目を浴びた事象をめぐる諸団体の動向(ここページ4)
A list of groups "under watch" appeared in the same document. These groups are:
  • groups suing to stop the Futenma base construction
  • groups who are anti-nuclear
  • groups concerned with the Comfort Women issue
  • any group considered to be against the Abe administration
Suddenly, any group identified as anti-nuclear was now a target for government surveillance.  In light of this, the decision of the A2-B-C Screening Committee to engage in what I see as an act of self-censorship began to make sense.
いわゆる国の「監視下」にあるグループの動向はこのように記されています:
  • 普天間基地代替施設建設の中止を訴える運動を展開
  • 慰安婦問題をめぐり政府の対応を追求
  • 「再稼働阻止」を掲げて反原発運動を継続
  • 政府が進める重要政治課題を捉え政権批判を展開
今や反原発をうたう団体はすべて、政府の監視下になってしまったということです。これを受けて、A2-B-C上映委員会が結果的に自己検閲をすることになったことの意味が、明瞭に見えてきました。

Today's press conference
During the Q&A following the press conference, I was asked if I had confirmed whether the mother in my film was, in fact, a member of Chukaku-ha. I had. At the urging of one of my colleagues, I contacted the mother in question shortly after the cancellations and asked her to meet. Before I could ask her about the rumours, she asked me why the screenings of 'A2-B-C' were cancelled.

会見の質疑応答のなかで、 A2-B-Cの中に出てくる母親が実際に中核派のメンバーかどうかを確認したのか、という質問を受けました。私はその時点で実際に確認していましたのでその内容を回答しました。上映のキャンセルが決まった後、私はある親しい人に勧められて実際にその母親に会いに行ってきました。彼女と話しはじめたとき、私のほうから一連の噂のことを尋ねる前に、彼女に、上映がキャンセルされたのは何故なのか、と訊かれました。
I asked her why she thought they had been cancelled, but she replied that she wanted to her it from me. "Because," I told her, "people are saying you are a member of Chukaku-ha."
私はそこで「なぜキャンセルになったと思いますか」と聞きましたが、彼女に「イアンさんの口から聞きたい」と言われました。私は「あなたが中核派だと思っている人がいるからです」と答えました。

"Oh, that's what I thought," she said. I asked her if it was true, if she really was a member of Chukaku-ha. "Yes," she admitted. "I am."
すると「ああ。そうだと思ってました」と彼女は言ったのです。本当にメンバーなのかと確認すると、彼女は「そうです。」と答えました。

Another person during the Q&A asked why the political leanings of one of the mothers in the film even mattered. After all, he suggested, it would be impossible to make a non-political film even if it was about Mickey Mouse.
また別の方は質疑応答で、なぜ映画に出てくるひとりの母親の政治的信条などが問題にならなければいけないのか、という質問をされました。この方は、どんな映画でも、たとえば主題がでミッキーマウスであろうと何であろうと、映画が非政治的であることなど不可能なのではないか、と発言されました。

I could not agree more. Anyone who can look at a scene of a child receiving a thyroid examination following a nuclear meltdown and still attempt to turn the focus onto the political views of that child’s mother is completely missing the point of the film.
その通りだと思います。メルトダウンのあった地域で子どもが甲状腺のスクリーニングを受けている場面を観て、この子の母親がどんな政治観を持っているのか、というところに焦点を移すなどという考えは、この映画の提示している問題の本質から外れていると思います。

The full video from today's press conference will be available tomorrow on the FCCJ channel (HERE).

Full video of press conference added May 13, 2015:

3 comments:

Anonymous said...

"...a communist political group whose tactics in the past have included violent confrontations with the authorities"

And also being involved in shootings against other leftists groups.

Mariko Nishi said...

Ian-san, I saw your press conference. It MUST BE SEEN. I want to write a summary of it and post it on the Montreal A2-B-C Screening Committee's facebook page. Has anyone written a brief summary (just a paragraph, anywhere) in Japanese that I could share?
Mariko Nishi
A2-B-C Screening Committee, Montreal

Ian Thomas Ash said...

Mariko,
Thank you for your support!
The only summary that I am aware of is the press release that was published before the press conference took place:
http://www.fccj.or.jp/events-calendar/press-events/icalrepeat.detail/2015/05/12/2883/30/press-conference-with-documentary-ian-thomas-ash-film-director-of-a2-b-c.html?filter_reset=1
Thank you so much for your continued support!
Much Peace,
Ian